【WordPress】MySQLデータベースをバックアップする方法

【WordPress】MySQLデータベースをバックアップする方法

MySQLデータベースをphpmyadminを使ってバックアップする方法について解説。

MySQLデータベースのバックアップ

WordPressなどCMSでサイト構築した場合には、サイトの引越などでMySQLデータベースをバックアップする必要がでてくる場合があります。
またサイトの引越だけではなく、万が一のためのバックアップファイルとして保存する際など、忘れがちなMySQLデータベースのバックアップ方法について手順を説明します。

【WordPress】MySQLデータベースをインポートする方法
関連記事
【WordPress】MySQLデータベースをインポートする方法

①phpmyaminにログイン

ほとんどのレンタルサーバーなどには、phpmyadminがインストールされているかと思います。
まずはphpmyadminへログインします。

ログインには「ユーザー名」「パスワード」が必要ですが、WordPressではwp-config.phpファイルに記載されています。

②SQLファイルのエクスポート

phpmyadminにログインすると下記のような画面になります。

バックアップしたいデータベースをクリック(選択)します。
選択すると下記のように構造が表示されます。

次にエクスポートをクリックします。

エクスポート方法」はデフォルトでは簡易が選択されているので、「詳細 - 可能なオプションをすべて表示」にチェックします。
テーブル」は全選択されているので、もし全選択されていない場合は全選択をクリックしておきます。

 

出力」と「フォーマット」はデフォルトのまま触でOKです。

生成オプション」は以下のようにチェックをしてください。

「Data creation option」ですが、記事数が少ない場合などは特にデフォルトのままでOKです。
エンコーディングへの変換」も特にデフォルトのままで、最後に実行ボタンをクリックします。

エクスポートしたsqlファイルが途中で途切れる場合

記事数が多い場合など「作成するクエリの最大長」を「1000」などの設定値に変更しバックアップします。
何度が経験がありますが、記事数が相当多い場合などエクスポートしたsqlが途中で切れた状態でバックアップされる事があります。
そんな時は設定値を変えてバックアップします。

エクスポートがエラーで失敗する時の対処方

記事数が相当数ある場合phpmyadminからエクスポートすると、sqlファイルの容量制限で書出しエラーになる場合があります。
そういう場合は「エクスポート」の箇所の「テーブル」を「全選択」ではなく、個別に選択してエクスポートします。

この記事に関連する情報
ビジュアルエディターでTinyMCEのplugin.min.jsが読み込めずに表の作成ができない
関連記事
ビジュアルエディターでTinyMCEのplugin.min.jsが読み込めずに表の作成ができない
【WordPress】Contact Form7で海外スパムメール対策!プラグイン必要なし
関連記事
【WordPress】Contact Form7で海外スパムメール対策!プラグイン必要なし
LINEで問い合わせ対応の簡略化 !チャット形式で気軽に問い合わせしてもらう方法
関連記事
LINEで問い合わせ対応の簡略化 !チャット形式で気軽に問い合わせしてもらう方法
STORESがネットショップサービスで良かった!
関連記事
STORESがネットショップサービスで良かった!
お問い合わせ