AWSのスナップショット削除する際に、エラーが出て削除できない時の対処方法

AWSのスナップショット削除する際に、エラーが出て削除できない時の対処方法

AWSのEC2コンソールにてAmazon Elastic Block Store(EBS)のスナップショットを削除する際に、「snap-xxxxxxx: The snapshot snap-xxxxxxx is currently in use by ami-xxxxxxx」とエラーが出てスナップショットが削除できない場合の対処方法です。

アクティブなAMIの登録解除

AWSのEBSのスナップショットの削除時に、「snap-xxxxxxx: The snapshot snap-xxxxxxx is currently in use by ami-xxxxxxx」とエラーが出る場合は、アクティブなAMIに関連されている場合に起こります。

その場合はまずEC2コンソールで『AMI』を選択し、エラーで表示された『ami-xxxxxxx』を選択し、アクションメニューから『登録解除』を選択します。

その後EBSのスナップショットから削除が可能となります。

この記事に関連する情報
エクセルで伝票管理をするメリットとデメリットとは?
関連記事
エクセルで伝票管理をするメリットとデメリットとは?
Sublime Text 3のWindows版のインストール方法
関連記事
Sublime Text 3のWindows版のインストール方法
GoogleやYahoo検索結果のリンクをクリックすると違うサイトへリダイレクトされる|WordPress
関連記事
GoogleやYahoo検索結果のリンクをクリックすると違うサイトへリダイレクトされる|WordPress
『Unsplash』にGOtomedia公式ページを開設しました。
関連記事
『Unsplash』にGOtomedia公式ページを開設しました。
お問い合わせ