ポータルサイトを作成する時によく実装する機能  - 閲覧履歴・お気に入り機能編 -

ポータルサイトを作成する時によく実装する機能  - 閲覧履歴・お気に入り機能編 -

ポータルサイトでよく見る機能の
●閲覧履歴
●お気に入り機能
これらは”利便性を向上”する機能ですが、自分が使っていて便利だと思う機能は積極的につけていきたい!といういうことで、このサイト閲覧者側の”2大便利な機能”についてご紹介したいと思います。

閲覧履歴

ポータルサイトなどの情報探す系のサイトではその情報量の多さから「さっき見たアレどこだっけ?」てなことにちょいちょい陥ります。
そんな時、”閲覧履歴”の機能があると閲覧するユーザーとしてはありがたい機能となります。

ショッピングサイトなどで「最近見た商品」という感じでリストが表示されることがあります。商品に限らず記事などでも”閲覧済み記事”を表示できると利便性が向上されます。

閲覧履歴 ポータルサイトの機能

お気に入り機能

”お気に入り機能”が付いていると「マイリスト」として任意で情報をまとめることができるのでこちらも閲覧者としてはとても便利だと思います。

お気に入り機能 ポータルサイト

【実装方法1】プラグインを利用せずに表示する

プラグインなしで閲覧履歴を表示する方法は以下の2つがあります。

  • Cookie(クッキー)を利用する
  • データベース(DB)に記憶させる

Cookie(クッキー)を利用する

Cookieを利用して閲覧履歴を表示します。
Cookieとは、Webサイトから閲覧ユーザーのスマホやパソコンのブラウザに保存される情報のことです。”サイトを訪れた日時”や”訪問回数”などの内容が記録されています。

メリット

閲覧しているブラウザにデータを記憶するので「サイトにログインして・・・」などの仕組みは必要なく、比較的低コストで実装が可能です。

デメリット

ブラウザに依存する為、キャッシュをクリアしてしまうと履歴はリセットされます。

データベース(DB)に記憶させる

wordpressなどのCMSサイトへログインした状態で閲覧した履歴のデータをDBにユーザーに紐づけて記憶させる方法です。

メリット

こちらの方法であればブラウザのCookie(キャッシュ)をクリアしてしまっても、また次回ログインをすれば履歴を確認することが可能となります。

デメリット

cmsでの構築が前提となりますのでCookieでの実装に比べて全体のコストは高くなります。

独自の機能開発のご相談

GOtomediaでは、さまざまなwordpressのカスタマイズを行っております。簡単な機能からプラグインでは網羅できないものまでオリジナルで開発をいたします。

まずはお気軽にご相談ください

【実装方法2】wordpressのプラグインを利用して表示する

プラグインはたくさんありますが、おすすめは以下の3つです。

  • WordPress Posted Display
  • Posts Viewed Recently
  • DD Last Viewed

「WordPress Posted Display」

プラグイン投稿表示ウィジェット&ショートコード追加。閲覧履歴をCookieに保存して表示することもできます。

このプラグインは閲覧履歴だけではなく、任意の記事やカテゴリ毎のリストの作成もできます。

おすすめ
WordPress Posted Display

「Posts Viewed Recently」

訪問者が最近アクセスした投稿またはページの閲覧履歴をウィジェットをサイドバーに表示するだけで簡単にリストを作成することができます。カスタム投稿タイプにも対応しています。

Cookieを利用するタイプのプラグインです。

おすすめ
Posts Viewed Recently

「DD Last Viewed」

ウィジェットをサイドバーに表示するだけで簡単にリストを作成することができ、カテゴリ毎のリストの表示が可能です。カスタム投稿タイプにも対応しています。

おすすめ
DD Last Viewed

ポータルサイト作成HINTS!

関連記事
ポータルサイトを作成する時によく実装する機能

まずはお気軽にご相談ください

この記事に関連するキーワード

この記事に関連する情報
STORES ネットショップ構築サービス
関連記事
STORES ネットショップ構築サービス
ポータルサイトを作成する時によく実装する機能  - 検索機能編 -
関連記事
ポータルサイトを作成する時によく実装する機能  - 検索機能編 -
お問い合わせ